ホーム

奈良市鳥見町、曹洞宗そうとうしゅうのお寺です。

諦崇寺お檀家さまへ(令和2年5月23日)

ご法事は以下のように執り行うことも可能です。
・お檀家さま宅の玄関やお庭にて
・住職のみで諦崇寺本堂にて
・インターネットを利用して
詳細につきましては、お電話でご相談ください。

 新型コロナウイルスの影響により、やむなくご法事を延期される方もいらっしゃいます。ご命日を過ぎたとしても、落ち着いてからお勤めすれば良いと考えております。
 それぞれの皆さまで危険の感じ方が違いますので、どんな対応が正解かはとても難しいです。仏さまの教えは原理主義ではなく臨機応変に考えることが大切ですので、お檀家さまと共に出来る限りの工夫をもって乗り越えたいと思います。
 皆さまご一緒に頑張りましょう!

お檀家さまへ(令和2年3月20日)

 3月20日(春分の日)大阪・栗東寺での『春彼岸供養会』は、新型コロナウイルス感染の拡大を予防するため、お檀家さまのご来山をご遠慮いただき、僧侶のみで執り行いました。
 お檀家さまの申し込み書を手に、その想いを背中に感ながら、懸命に読経いたしました。
 お檀家の皆さま、ご協力を賜りまして誠にありがとうございました。

ご案内

 奈良に住まれるお檀家さんの増加にともない、平成18年12月に開創かいそうしました。住宅街にある小さなお寺ですが、少人数~30名の法事を行うことが出来ます。

年表

平成18年(2006) 大阪・栗東寺りっとうじ近衛このえ信尹のぶただ公四百回忌記念事業として、奈良別院・諦崇寺たいそうじ開創かいそうされる。「諦崇寺たいそうじ」の寺号じごうは、福山諦法たいほう禅師から頂戴したもの。

平成22年(2010) 大本山永平寺七十九世貫首かんしゅ・福山諦法たいほう禅師によって、大本山永平寺の御直末おじきまつ寺院に配せられる。曹洞宗そうとうしゅうに新寺設立が承認される。

平成24年(2012) 規則認証申請が奈良県知事に受理され、宗教法人として登記する。

当サイトについて

 お寺の行事の傍らですので更新が遅れることがあります。年間行事などはご注意ください。

 トップに掲載しているのは住職が撮影した写真です。